Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

キャバ嬢を落とす2

manamiの場合は一回目のアフターでカラオケまで行った。 そのときは友人も一緒だったのでみんなで一緒に。 一番はやはり女の子にとって 居心地のいいテーブルを作ることを目指した。 ポイント 1、友人も含めみんなに話を振り、盛り上げる。 2、女の子の身に着けているもの、話を嫌味ではないようにいじる。 3、自分の身の上話はしない! アドレスゲットの方法はジョークを交えながらのトライ&エラー。 ユニークを取り入れることで、 いやだといわれても何度でもトライできる。 本気なのか冗談なのかわからないという体制がベスト。 こちらから電話やメールはしない。 これはがっつきを防止するためだ。 女の子はがっつきが感じられて時点で、終わる。 結局manamiの場合は向こうから電話が来た。 なにか質問があれば、どうぞ。 最後まで読んでいただいてありがとうございます。
スポンサーサイト
category
manami

キャバ嬢を落とす

朝4:30電話が来た。 「朝早くごめんね~。すごいお願いがあるんだけど、 酔っ払ってて帰れないから迎えきてくんない?」 めずらしい。 車で10分くらいだし、 キャバ嬢を落としてみるというのも悪くない。 とくにかわいいというわけではないが、 嫌いではないタイプだし。 「じゃあとりあえずうち泊まれよ。 明日送ってやるから。」 「マジごめんね~。ありがと」 「いやホント迷惑だから笑」 そのままいただいた。 意外とかなりガードが固く、崩すのに手間取った。 僕が使うテクニックの何がいいかというと 友達関係から手を出すという一般的な構図でも 「S」という要素を含ませることにより 友達だと思ってたのに最悪!とか、 友達関係が構築されてしまい、手が出せないという 状況が一切生まれない。 さらにそこにユニークの要素を入れることにより、 拒まれても何度でもトライできる。 どういう経緯でこの状況になったかは後日記載していく。 最後まで読んでいただいてありがとうございます。
category
manami
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。